院長紹介

略歴

工藤 博司[くどう ひろし]
1946年10月5日生 A型 石川県出身

東京理科大学理工学部工業化学科卒業
某研究所で摩擦材料の開発研究を行う
その後、水処理プラント設備会社に転職
平成4年より「工藤整体院」を立ち上げ現在に至る。

 

 

<この療術の世界に入ったきっかけ>
学生時代に10日間の断食を体験し、幼少病弱な体が頑丈な体に変身、体の神秘性に敬意をいだいたこと。
これがきっかけでサラリーマン時代 活法整体、整体術、導引術、操体法等を学び続けました。
さらに(財)全国療術研究財団を卒業し、開院にこぎつけましたが、ふとしたことから横山式筋2点療法に出会い、さらに療術の奥行きに虜となり現在同療法の上級師範として活動中。
好きで入った世界に生きがいを感じています。

<趣味>
エネルギーに興味を持ち、暇なときは御覧のようにスプーン曲げをして楽しんでいます。
このエネルギーを療術の世界に取り入れ、小顔に実績を上げています。量子力学の応用と考えています。